1. ホーム
  2. おためし移住プログラム1 仕事体験
  3. 水間鉄道株式会社
おためし移住プログラム1 ボケない大阪 仕事体験
インターン先企業一覧

水間鉄道株式会社

このエントリーをはてなブックマークに追加
水間鉄道株式会社

5.5kmのローカル鉄道をリデザインせよ!

多くのローカル鉄道が、少子化などの理由で利用者が減少し、存亡の危機にさらされるなかで、水間鉄道が会社更生法を申請し、経営再建に乗り出したのが2005年のこと。柔軟な思考や感性で、えきなかマルシェ、枕木オーナー制、ICカードの導入など、お客様を呼びこむためのさまざまな取り組みをおこなってきた。今回は、水間鉄道や周辺地域を盛り上げるための新たなアイデアをともに考え、実行に移してくれる人を募集。
東京圏に自慢できる会社のPRポイント

ローカル鉄道の
クリエイティブディレクター
となれ!

ひとことでミッションを表すならば、ローカル鉄道のリブランディング。たま(猫の駅長)を登用した貴志川線(和歌山)、車体にアンパンマンなどのキャラクターを描いたアンパンマン列車(四国)など、際立った個性で話題づくりに成功、乗客・観光客の増加に結びつけたサクセスストーリーが、全国的にはちらほら。アイデア次第では、水間鉄道のみならず、その周辺地域の活性化にもつながる、貢献度の高い仕事ができる。「うちは小所帯なので、アイデアが通りやすく、すぐに実行に移せる機動力のよさがあります」と現会長の関西さんは言う。

田舎で都会を味わえる。

貝塚駅から南海電車で関西国際空港まで15分、難波までは30分とアクセス抜群。沿線付近は土地も余っているうえ、海(二色が浜)も近ければ、山も近い。かといって、買い物に不自由することはなく、野菜も安く手に入れられる。大規模アウトレットモールにも車で15分程度……。田舎で都会の生活を味わえるので、のびのびと働き、暮らせるのが魅力。

「必要とされている実感」も
対価。

10駅でわずか5.5キロ。片道15分。普段はマイカーの陰に隠れて目立たないものの、雪が降った日には「鉄道のおかげで通勤できた」と一躍、脚光を浴びる。水間鉄道は雨ニモマケズ、雪ニモマケズ。「ここは鉄道を基軸としてつくられてきた町。鉄道を失えば、すべてが変わってしまう。これからも地域の人たちに必要とされる限り、走らせ続けるのが私たちの使命です」と関西さん。お客様と直接触れ合う機会も多いので、大阪市交通局から転職してきた谷本さんは「必要とされていることを、より強く実感できる仕事」といいます。

会社について教えて下さい

こんなことしてます

日本の毛細血管として、
地域の人々の暮らしに寄り添うローカル鉄道

オリジナルヘッドマーク
車両の先頭部に取り付けられている円形の看板をオリジナルデザインにできる有料サービス。そのまま10日間走行し、記念やお祝いに活用される。最近では贈答用などに直径25㎝のレプリカ版も開発。
オリジナルキャラクター
「水間みつま」
全国各地の鉄道事業者にて実際に活躍する様々な職種のキャラクターを生み出す「鉄道むすめ」シリーズに、水間鉄道のオリジナルキャラクターとして、アテンダントの「水間みつま」が誕生。
駅の中には
マルシェやカフェも!
留置車両を活用した地元市民が出店するマルシェが定期開催されたり、水間観音駅構内には飲食物や貝塚市の名産品を販売する「まち愛cafe みずかめ庵 和」があるなど、ふれあいを生み出す仕掛けも。

水間観音で知られる水間寺への参拝を目的として敷設された鉄道が、大正時代に誕生してから90年。大阪府南部に位置する貝塚駅から水間観音駅まで、わずか10駅、5.5km、片道15分の区間を結ぶ単線ローカル鉄道は、通勤・通学の足として市民から親しまれる、いわば下駄履き電車だ。鉄道のこと、社としての展望などについて、現会長の関西佳子さん、代表取締役社長の近藤文雄さん、鉄道部長の谷本憲隆さんにお話を伺った。

6

近藤文雄
1954年島根県生まれ。大学卒業後、大阪市交通局に入局。2009年 車両部長、2012年 電気部長を経て、2014年に退職。大阪メトロサービス 常務理事に就任、2016年退職後、水間鉄道(株)に入社、社長に就任。

関西佳子
1963年大阪生まれ。短大卒業後、野村證券入社。3年後、結婚退職し、その後、プログラミングを学び、パソコンスクールの講師、フリーシステムエンジニア等を経て、2005年水間鉄道(株)に入社。情報システム管理室長として、ICカード導入を進める。2006年から総務部長を兼務。2008年に社長に就任する。2014年から会長。


谷本憲隆
1956年大阪生まれ。高校卒業後、大阪市交通局に入局。2008年9月に早期退職し、約2年間オリエンタルランド接客の自己研鑚に努める。2010年交通局の外部団体入社。駅務管理の仕事をする傍ら、鉄道専門学校の講師も務める。2016年水間鉄道(株)に入社。


ー貝塚駅〜水間観音駅を往復してみたんですけど、住人とハイタッチできそうなほど、目と鼻の先に民家があったりしますよね。改札がない駅のホームも、住民の生活空間と地続きにつながっている感じでいいなぁと。

関西佳子さん(以下、関西さん)
そうそう。ほんとにボーっとできる15分なんです。ここってどこやっけ、という感覚に襲われることもありますね。
谷本憲隆さん(以下、谷本さん)
東京の人にも一度乗ってもらって、「大阪にある昭和」を感じてほしいですね。東京の人混みのなかでストレスを感じている人にはオススメです。時が止まったような感覚を味わえるはず。実際、「働きに来ているのに、癒されている」と言う運転士さんもいますから。列車の構造上、運転士とお客様が必然的に顔見知りになるのもいい。「発車時刻を過ぎたけれど、走ったら運転士さんが待ってくれた」という声もよく聞くんです(笑)
7
関西さん
小学生がいる時間帯に乗ると、笑えるくらい我がもの顔で車内を走り回っていますよ。(笑)でも、お客様がいるときは迷惑がかからないように場所を移動したりと、彼らは行儀がいいんです。
谷本さん
でも、昭和を感じられるというのは、裏を返せば、設備や駅舎などの老朽化が進んでいるということです。その分、維持費がかかるのが悩ましいところ。
関西さん
鉄道って金食い虫なんです。お客様から「もっとキレイにしたらええのに」という声もよくもらうけれど、外目にはわかりにくいところに投資して安全を確保するのが先決だと考えています。 ただ社員にもよく言っているのは、「古いことと汚いことは違う」ということ。努力によって清潔に保ちながら、古いものを大事に使うことを心に留めています。
8

遠方からも足を運んでもらうために
力を貸して!

水間鉄道が抱える会社の課題とは何だろうか?
水間鉄道で取り組んでもらいたいことと、 求める人材像についてお伺いした。

関西さん
これは強みでも弱みでもあるんですが、水間鉄道の沿線地域は立地条件がとてもよく、交通手段が恵まれすぎているがために、鉄道を選ぶという選択肢がない。いわゆる生産者人口は減っているけど、過疎化はしていないのが現状です。だから、皆さんの力を借りられれば生き残れる鉄道だと思っています。

ーこれまでも様々なイベントを開催されていますが、今後もイベントに力を入れていくという考えですか?

関西さん
一言に「イベント」と言ってしまうと誤解を招くかもしれません。日本社会の構造として、通勤者・通学者が減るのは避けられないということを踏まえると、他地域から移住してきてもらうか、お出かけしてもらうかしかないんですよね。そこで民間の鉄道会社として選びうるベストの選択肢がイベントだということです。地元の足として地域の人たちの生活を支え続けるためにも、とにかくまずは乗っていただく工夫をしていかなければいけないと思っています。
9

ー他に取り組んでいきたいことはありますか?

関西さん
インバウンド(訪日観光客)の呼びこみです。みんな、関空からなんばまで直行してしまうので、応募者の人には貝塚駅で途中下車してもらえるようなアイデアを提案してほしいですね。 実際、京都まで足を伸ばさなくとも、お寺は見られるし、温泉も里山もある。農業体験もできる。このあたりでコンパクトに遊んでから、なんばで飲んでもらえればいいのかなと(笑)。

個人的に大阪ミナミはイチ押しです。キタに比べて未開発のところが多いフロンティア地域だと思っています。水間鉄道の沿線周辺は住みやすいのに、いかんせん知られていないというのが現状です。だから、知名度を上げるための情報発信ができる若い力を借りられればなと。

ーたとえば、電車内で彼女・彼氏にプロポーズ、あるいは気になる異性に告白する企画みたいなのとかはどうですか?

近藤文雄さん
いいですね。水間寺って、厄除けで有名ですが、縁結びのお寺でもあるんですよ。それこそサプライズで車内告白して水間寺に向かう、というようなことはできますよね。その場合、うちは車両を提供する形でお手伝いできないかと考えたりしています。
関西さん
フラれたら最悪やけどね。(笑) ほかにも、スポーツ玉入れとか、障害物競走とか、始点から終点まで15分という乗車時間を活かした取り組みができればと思っています。

沿線の環境や趣のある鉄道そのものの価値など、多くの人に「いいね!」と感じてもらえる素材は、ここ水間鉄道に山ほどあります。あとはそれをどう伝えていくのか。わずか10駅・片道15分のローカル電車のブランド提案をお待ちしています。
10

東京圏在住の移住希望者へのメッセージ

ー常日頃から都会的で洗練されたものに触れている東京圏の方には、ここでの風景はとても趣があるように感じられると思います。実際、藁葺き屋根の家のように、時代遅れだと認識された時期を経て、希少価値の高いものとして注目されるようになる、という轍を辿っていける気もします。

関西さん
色褪せた駅舎の柱のなかには、近所の中学生がペンキで塗ってくれているものもあるんです。彼らが背の届くところまでしか塗れていなかったり、仕上がりも雑になっていたりするから、「中途半端な塗り方をして」とお客様から怒られることもあるけど、事情を説明したらわかってもらえる。

これまでにも意見や提案は山ほどいただいてきたけど、やっぱり他人目線なんです。経費の面などのしんどいところも踏まえつつ、身内の気持ちになって考えてくれる人に来てほしいですね。
谷本さん
弊社は社員約70人という小所帯。連帯感を感じられる家族のような雰囲気が特徴です。ぜひ、水間鉄道の家族の一員になってみませんか?

募集要項

企業名 水間鉄道株式会社
業種 交通インフラ
設立年月日 1924年4月
社員人数 67名
参加対象 学生/社会人
受入期間 2016年10月31日(月)〜11月4日(金) 1〜2日間
受入期間中の勤務時間 08:30~17:00 (内、休憩あり)
勤務場所 大阪府貝塚市近木町2番2号
Webサイト http://www.suitetsu.com/
おためし移住プログラム1 ボケない大阪仕事体験
エントリーフォーム
申し込みは終了しました。