充填機(じゅうてんき)」と聞いて、それがどんなものか思い描ける方は多くないのではないのでしょうか?

小型充填機メーカーとして国内シェアNo.1を誇る株式会社ナオミに、充填機というニッチなワードに目をつけ、未経験ながらwebマーケティングに取り組んだ23歳の若手社員がいます。問い合わせ件数を2倍に増やし、1億円以上の売上増加に結びつけた取り組みを今後さらに加速させるため、webマーケティング・広報の担い手を募集します。

さて、充填機はどんな機械なのか? その答えを教えてくれるのが、こちらの動画です。


一言で言えば、ナオミは「小型充填機をつくって売る」会社です。ジャムやマヨネーズ、味噌、ドレッシング、ごま……。食品工場を主として「なるべく少ない労力や手間で、ビンや袋などの容器に食品等を一定量で注入する機械」を求めているお客様に対して、相談から作業現場での無料充填テスト、購入後のメンテナンスに至るまで、トータルサポートを提供しています。

「友達にこの充填機の動画を見せて『この機械が欲しいと思ったら、どういうキーワードで検索する?』と聞いてまわったんです」そう話すのは、現在一人でマーケティング・広報を担っている田中 成美(たなか なるみ)さん。

そもそも「充填機」という言葉を知っている人が少ないことに着目し、「ジャム 瓶詰め」「食品 詰める機械」というキーワードでヒットするような工夫をするなど、一般の人の目線に立ったwebサイトやメディアの構築に尽力してきました。

充填機の使い方から選び方、メンテナンス方法まで、ひと通り読めば充填機博士になれるような「充填機とことん研究所」は、その成果の一つ。

田中さんいわく、求める人物像は、 「未経験でもOK柔軟な考え方を持った方が合うと思います。成果が出るまで時間がかかるマーケティングは忍耐がいる仕事なので、この仕事を好きかどうかが鍵を握るかもしれません。1年半前に立ち上がったマーケティング・広報室しかり、まだまだ改革の余地がある『中小ベンチャー』を一緒に作り上げていこうと思える人と働きたいですね」とのこと。

(1台3役をこなすパズル充填機。パーツを変えるだけで液体、粘体、粉体、いずれの内容物にも対応できる画期的な製品としてヒットを飛ばしています)

社員は50人以上に増やさない「一クラス経営」を実践し、家族のような関係性をめざす社風。1ヶ月おきに経営陣や他部署の上長と面談する機会を設けるなど、対話を重んじる社風…。現在は、多様性を受け入れる風通しのよい組織づくりをめざして風土改革を進めている、ナオミの魅力に迫りました。

(本社のそばにあるショールーム)

お客様とデータに地道に向き合い、「母数」を増やす。立ち上げてわずか1年半の、マーケティング・広報室での仕事内容

先ほど紹介した「充填機とことん研究所」をゼロから立ち上げたのが、入社2年目の田中さん。ナオミにとっては、初の新卒採用社員でもあります。

「充填機とことん研究所」の原点を見つけたのは、ナオミでインターンシップに参加していた大学4年生のとき。開設されているものの、活用されていなかったブログに着目した田中さんは、日々試行錯誤を重ねながら、お客様の視点に立った情報発信を続けてきました。

会社内に居場所を確保すべく、私にはこれしかないと持てる力を尽くして書いたブログ記事数は年に約300本。検索キーワードやアクセス解析、アンケートなどからユーザーの行動を分析し、問い合わせの母数を増やしたことによる売上の増加。webマーケティングを担当する部署の立ち上げ…。地道な積み重ねを目に見える成果につなげ、会社に新たな風を吹き込んだ田中さんは、今やナオミにとって、なくてはならない存在になっています。

今回は、その田中さんと共にマーケティング・広報室を盛り上げる仲間を募集しています。

【webマーケティング】の仕事内容は、主に以下の3つ。
1)6つのwebサイトの運営、更新
2)webサイトのアクセス解析、データ収集、分析
3)マーケティング戦略の立案、実行
ナオミに問い合わせるユーザーの母集団を増やして、売上増加につなげることがそのすべてに共通する目的です。

【広報】の仕事内容は、主に以下の2つ。
1)プレスリリースの作成
2)メディア取材の対応
広報の仕事を通して社外の人と接点を持つ機会も多く、ナオミという会社をPRする営業力も求められます。

「勤務時間は、1時間の昼食休憩をはさんで8:30〜17:30まで。私は大抵18:30までには帰っています。家で仕事に役立つ勉強はしていますが、仕事そのものは持ち帰りません。

一日中パソコンに向かっている日もあれば、広報のイベントで外に出ずっぱりの日もあったりと、定型的な一日はありません。平日はジェットコースターに乗って、土日は普通の道を歩いているような感覚です。責任もあるけど、やりがいもあればスリルもありますよ(笑)」

たなかさんニコ

風通しのよい組織づくりにも参加。まずは「相手の意見を否定せずに耳を傾けること」から

(学生時代から「惹かれるのは、仕事だけできるのではなく、人への思いやりや感謝の心を持っているなど、人として尊敬できる人だった」と語る田中さん)

若くして華々しい活躍を見せる田中さんですが、少し前まではどん底から這い上がろうと必死だったそうで。

−−−教師の道も残したまま突入した就活シーズン、「裁量が大きく、仕事の自由度が高い」「速く成長できそう」という理由で選んだベンチャー企業からいくつか内定を獲得。だが、「先立つものはお金だから」と儲けを重視する考え方に違和感を抱き、内定を辞退。

気が進まないまま大手企業を受けるも、グループディスカッションが実施された一次面接ですべて脱落。悔しさのあまり、「なんで落とすんですか?」と各社の面接官を直撃したところ、全員から返ってきたのは「あなたの意見はあまりにも個性が強いので、大手は向いてないよ」という答えでした。

家庭の事情でアルバイトを3つ掛け持ちしながら、学費と生活費を捻出していた田中さん。思い描いていた「会社」と肌で感じた「会社」。そのギャップを飲み込めないまま、就活にバイトに卒論にと息が詰まるような日々を過ごしているうちに、身体を壊し、鬱になってしまいました。そのため教育実習に行けず、教師の道もついえるという最悪の事態に。

そんなときに「学び舎 傍楽(はたらく)」で出会ったのが、ナオミ代表の駒井 亨衣(こまい ゆきえ)さんです。

(「息子の不登校がきっかけとなり、人生観が180度変わった」という駒井さん。最近、すでに成人した息子から「おかんが笑ってくれていたら、それでええねん。おかんが楽しそうに生きていてくれることが俺の幸せや」と言われたそうです)

ナオミの社会貢献活動の一環として「学び舎 傍楽」を運営している駒井さんは、世代や立場を問わず、あらゆる働く形を通して「生きるとは?」を一緒に考え、話し合うことができる場作りを実践しています。

(京都の町家を活用した傍楽には、和のテイストがたっぷり)

「ナオミで働く中で自分の本音や適性を見極めてから、もう一度就活にトライしてみたら?」駒井さんから差し伸べられた手を、藁にもすがる思いでつかんだ田中さんは、事務職のインターンシップ生としてナオミで働き始めたのです−−−。

働き始めてからも前途多難だったものの、持ち前の負けず嫌いな性分や向上心で逆境を乗り越えてきた田中さんは、現在、若い視点で社内にさらなる新しい風を吹き込むために、日々奮闘中です。

「代表もよく『多様性を受け入れよう』と口にしていますが、自分と違う価値観を持っている人はまだまだ受け入れられにくい、というのが当社の課題です。そんな中で、全社をあげて取り組んでいるのが『否定せずに、いったん相手の意見に耳を傾ける』こと。若い社員の提案も受け入れられやすい風土を作るべく、自分たちの考え方に共感してくれる人を増やす草の根活動を進めているところです」

たなかさんふつう

ナオミという会社の文化や社風。自分に正直であることが、まわりからの信頼を得る秘訣

ナオミという会社を語る上で欠かせないのは、代表と専務・上長が1ヶ月おきにすべての社員と重ねる面談です。狙いとしているのは、「その人が持っている本来の部分をどんどん掘り出していきながら、こうありたい理想の自分と現実の自分のギャップを埋めていく」こと。

「自分の嫌なところや、できない自分とも向き合わざるを得なくなるから、落ち込む原因にもなるし、泣く子も多い。辛さに耐え切れずに辞めていく人もいる。でもそこを通り抜けた人は後になって絶対『よかった』と言ってくれます」

こまいさんふつう

裏を返せば、小手先の生き方は通用しないということ。「出来ないことが叱られるのではなく、ごまかすことが叱られる」と話す社員もいるように、「自分に正直であること」を厳しく求められる会社なのです。

「まずは自分ができないこと、ヘタレであることを受け入れるところからしか始まらない。でもそこを受け入れた途端、人はガラッと変わり、めざましい成長を遂げていく。まわりからの信頼を得るには、正直であること、ありのままの自分でいることに勝るものはないんです。6年間続けているこの取り組みこそ、『正直である』『人のために動ける』などの人間力を備えた真の『ナオミビト』を育てる基盤となっています」

こまいさんふつう

駒井さんの正直な姿勢は、採用面接の場でも変わりません。合否に関係なく面接を受けた人全員に、キャリアカウンセラーのように丁寧に向き合うのが駒井流。

たとえば本人の希望と適性が違うと感じた時、「あなたにはこういう方が向いてるんじゃない?」と問いかけると、「ここまで本音を言ってくれる人はいなかった」と感極まって泣き出す方もいるのだとか。「だから納得して帰られる方も多いんです」と駒井さん。

『いかによりよく生きるか』を追求するナオミは、人を育てる学校のような会社です。もちろんお金も大事だけど、それ以上に人の役に立つことが自分の存在意義につながる喜びや、物質的にも精神的にも満たされながら人間として心豊かに生きる幸せ…社員には、仕事を通してそういう感覚を味わってほしいと願っています」

こまいさんにこ

ナオミに必要なのは、深い思考ができる人。深い人間になって、心豊かな人生を。

(「今は、童話『北風と太陽』でいうところの太陽をめざしています」と語る川田さん)

豊かな人生を歩んでほしいという気持ちは、専務の川田 隆司(かわた たかし)さんも同じです。

「仕事とは直接関係なくとも、自分の肥やしとなる経験をするのに必要な費用は会社も負担します。歌舞伎やお茶会といった、日本文化に接してみるも良し。クラシック音楽や豪華なホテルのフレンチフルコースといった、世界の一流に触れてみるも良し。いずれにしても狙いは一つ。労働力が多少落ちたとしても、深い思考ができる人を増やしたいんです

かわださんふつう

かくいう川田さんはかつて、とある業界でNo.1にのし上がりたいという野望を胸に生きる生粋の企業戦士でした。実際に関西No.1の座を勝ち取るなど、野望を実現できる日もそう遠くないと思えるほど、業績も伸ばしていたそうです。ナオミに入社してからもその名残は消えず、「仕事の鬼」と呼ばれている時期もありました。

そんな川田さんを変えたのもまた、「学び舎 傍楽」での出会いでした。

「『学び舎 傍楽』に来てくれる人との出会いで価値観が変わりましたね。農業を志したり、山奥に暮らしながらフリーでIT関係の仕事をしたり。いい意味で最先端を行く、自分の人生や価値観を大切にしている方々と触れ合っていると、それまでの自分の生き方に疑問が湧いてきたんです」

かわださんふつう

やがて「俺がルール。逆らうやつは許さない」というほど強権的だった川田さんに、大きな変化が訪れました。

「webマーケティングの効用を実証してくれた田中のように、部下の言葉もちゃんと聞き入れた方が得だということが分かったんです。自分はたかが知れた存在であること、そしてそれが決して悪くないことに気づいたんでしょうね。

今、心に留めているのは、半径5m以内にいる人を幸せにすること。ものを教える時も、叱る時も、褒める時もすべて全力。そう接する中で、相手の人生をより良いものにしていけたらなと。何かしらの縁があって出会った人に『川田と出会ってよかった』と言ってもらえるかどうかが、僕の生きる値打ちだと思っています」

かわたさんにこ

誰かのために働いて、社会に役立つことが生きる幸せ。シンプルな理想を胸に、「ワークマインドバランス」を追求

「鬱になった頃は思いを言葉にできなかった。それが一番しんどかった」と田中さんは語ります。自分はいったい何をしたいんだろう。自分には何が向いているんだろう…。学生時代、人生のどん底から光を求めてさまよい続けた田中さんが絶え間なく探していたのは、生き方や人としてあるべき姿を教えてくれるナオミのような会社だったのです。

誰かのために働いて、社会に役立つことが生きる幸せ…。シンプルな理想を胸に、生きる本質に迫り続けるナオミは、仕事と心の調和、いわば「ワークマインドバランス」を追求する会社です。

生きている実感に欠ける日々を送っているのなら、自分を変えたいという思いが少しでもあるのなら、ご検討あれ。ナオミで働くうちに、心のどこかに隠されていた新たな扉が開かれるかもしれませんよ。

企業名・団体名株式会社ナオミ
募集期間2018年3月末日まで
募集職種■Webマーケター
・アクセス解析やデータ分析
・各種Web媒体を駆使した問い合わせ向上の施策の企画・実行
・Webコンテンツの運用・更新・改善提案
・ライティング業務
雇用形態契約社員
※試用期間はありません
※正社員登用制度あり
応募資格問いません。
対象となる人物像・積極的に考え行動できる方
・人と関わることが好きな方
・前提にとらわれず柔軟に考え行動できる方
勤務地大阪本社(大阪府箕面市小野原東1-2-83)
勤務時間8:30~17:30(内、1時間休憩)
給与20万円~35万円
※経験・スキル・前給等を考慮し、面談の上決定します。
休日・休暇■休日
週休2日制・祝祭日・年末年始6日間・夏季休暇6日間・慶弔(年間124日)
■休暇
バースデー休暇
福利厚生交通費支給(上限20000円/月)
社会保険、雇用保険、賞与年2回(昨年支給実績:2ヶ月分)
採用予定人数Webマーケター 1名
選考プロセス1)本サイトからエントリー
メッセージ欄へ「応募者への質問」の回答を記入しエントリーください。
2 ) 書類選考(履歴書・職務経歴書をご送付ください)
3 ) 面接
4 ) 体験入社
(働いた時間分の時間給を支給いたします。)
5 ) 採用
【書類送付先】
MAIL:recruit@naomi.co.jp
住所:大阪府箕面市小野原東1-2-83
応募者への質問・あなたにとって、人生の成功とは何ですか?
・あなたにとって、人生の幸せとは何ですか?
Webサイト【公式サイト】https://www.naomi.co.jp/
【採用サイト】https://naomibito.jp/
メッセージWebマーケターは、発想する右脳と、ロジックで考える左脳のバランスが重要となる職種です。また、PCやWebの基本的なスキルは必要となります。
マーケティングの仕事は、会社の方向性を決める大事な司令塔のような役割を担っています。責任ある仕事ですが、とてもやりがいがあります。社員ではなく、仲間を集っています。一緒に働きましょう!

※エントリーには「おおさかUIJターンプロジェクト」へのご登録が必要となります。