谷町六丁目

歴史と文化のエリア。
長屋を使ったリノベーション物件が若いファミリー層から注目される。

つながりが、つながりを生んでいく。そういう街やと思います。

取材日は雲ひとつなく、嘘でしょ?という暑さが大阪上空をすっぽり包んでいました。そう、大阪の夏はとても暑いのです。そんななか、嫌な顔ひとつせず、出し惜しみするでもなく、オススメのスポットにたくさん連れて行ってくれた古谷高治さん(通称、古谷マスター)。大阪の繁華街といえば、キタ(北区・梅田周辺)かミナミ(中央区・難波周辺)の地図しか頭になかった私には、谷町は歩いたこともないエリア。中崎町(北区)と同じく奇跡的に大空襲から逃れた古い街並みが残り、めちゃくちゃ美味しいスパイスカレーのお店があり、ユニークな本屋に、オアシスのような難波宮跡、そして親切で愛嬌たっぷりの古谷マスターの人柄。この全てが大阪の文化的な底力じゃないかと、改めて感じた取材でした。

インタビュー・テキストヘメンディンガー綾

大阪府出身。高校卒業後、東京に移住。情報誌、ファッション誌の編集を手掛け、結婚を機に2009年に帰阪し、フリーランスに。大阪府下にある古民家で田舎暮らしを満喫しすぎているため、大阪市内の土地勘がすっぽり抜けている。旦那様はフランス人。

人生の半分くらいは、谷町エリアに住んでいます

古谷高治さん

1972年吹田市出身。ファッションデザイン専門学校卒業後、輸入雑貨卸業などを経て1994年アメリカ村の複合商業施設ガレッジにてTANKgalleryをオープン。1999年隣接するGtgalleryをオープン。数々の展覧会、イベントを開催。2001年に閉店。2002年に南堀江にFM802が主催するアートプロジェクト「digmeout」のカフェ「digmeoutCAFE」をプロデュース運営。2006年9月アメリカ村に移転「digmeoutART&DINER」として現在に至る。

ヘメンディンガー綾

私、生まれも育ちも大阪なのに、高校卒業後から東京に行ってしまったので、大阪市内のことが右も左もわからないんです。今日は古谷マスターに谷町6丁目のエリアを案内していただけるの、楽しみにしていました。

古谷高治

そっか、じゃあこの辺りのことはわからないのね。僕は大阪府吹田市で生まれ育って、22歳のころ(94年)に龍造寺町(りゅうぞうじまち)っていうところに家を借りた時から中央区・谷町エリアに住み始めました。谷町の中で何回か引越しもしたんですが、約20年間ずっとこの辺りに住んでるんですよ。

ヘメンディンガー綾

私は東京に10年いて、世田谷区、目黒区、品川区など住むことを変えるのが面白かったんですが、同じところに住み続けるってことは、よほど住み心地がいいんですね。

古谷高治

住みやすいんですよ。意外に思われるかもしれないけど、静かなんです。特に夜は。

ヘメンディンガー綾

それはとても意外です。こんな大通りが通っている大阪市内の真ん中なのに?

古谷高治

はじめ引っ越したときに「谷町は静かすぎるから空き巣に気をつけろ」って言われてたぐらい(笑)。実際は治安も良くて、そんな被害に遭ったことないですが。

ヘメンディンガー綾

なるほど。さっきここに来るときに、地下鉄の最寄駅の松屋町を降りて、さっそく道に迷ってたら(笑)、花火や玩具、人形の問屋街があって、東京でいうところの浅草橋や蔵前にとても雰囲気が似ていました。住んでる人はご年配の方が多いんですか?

古谷高治

松屋町は昔から住んでる人も多いですが、最近はタワーマンションが建って、若いファミリー層も増えたエリアです。この辺り、北は大阪城から南は住吉大社(住吉区)ぐらいまでを上町台地と呼んでいて、この上町台地に人が住みはじめたのは数万年前からなんだとか。そして、すぐそばには645年に遷都された難波宮跡があります。それぐらいずーっと人が昔から住んでるエリアなんです。

ヘメンディンガー綾

歴史的なスポットが密集してるんですね。大阪は水の都と言われるほど橋や川が多いけど、この辺りは全然雰囲気が違いますね。風情ある長屋も多いわ。

古谷高治

うちも築140年ぐらいといわれてる長屋なんです。あまりに古くてちゃんとした築年数がわからない(笑)。80歳になるオーナーのおばあちゃんがいて、そのおじいちゃんが建てた家らしいです。

大家さんも、仕事で出会う人も、とにかく「寛大」

ヘメンディンガー綾

長屋暮らし良いですね。住んで何年目ですか?

古谷高治

いまで、10…何年かな?

ヘメンディンガー綾

長っ!

(マスター行きつけの人気カレー店「アララギ」にて。マスター曰く「スパイスカレーが大阪では局地的ブーム」。)

古谷高治

最初借り始めた時、周囲はおじいちゃんおばあちゃんばっかりで、みんな先立っていかれて、気がついたら僕だけが借りてたんです。気に入ってたから取り壊しで立ち退きを迫られたらまずいので、「空き部屋があるよ」と友だちに家を紹介していった結果、いまや長屋全部が古谷村みたいになってますね。

ヘメンディンガー綾

古谷マスターはユニークな人脈と「良い物件アンテナ」をすごく張ってはる(張っていらっしゃるという意味の関西弁)と思いますが(笑)、他所からの移住者はどこにアタックしたら長屋に住めますか?

古谷高治

このあたりの古い不動産屋に行けば、長屋はちょこちょこあると思いますよ。うちは、「古いからなんぼでも改装してくれてええよ」と大家さんが言ってくれて、しかも改装中は家賃タダでしたね。

ヘメンディンガー綾

太っ腹すぎる。

古谷高治

実は以前ラブラドール・レトリバーという大型犬を飼っててね。

ヘメンディンガー綾

え!賃貸で長屋なのにラブラドール?

古谷高治

そもそも、ありえない組み合わせでおかしいよね。(笑)そう、だから公園に近いというのがマスト条件。いまの家は難波宮跡の公園のそばなんです。

ヘメンディンガー綾

すごいことです。大阪のオーナーさんって、優しいんですね。古谷マスターは大阪の価値って何だと思います?

古谷高治

良くも悪くも「緩い」ということかな。みんなお笑いを見て育ってるので、寛大な部分が多い。若いころ、家賃を滞納してしまった時に「しゃーないな。来月は耳揃えて持ってきてな」と言われて。その代わり「家賃待ったったから、電球変えてや」とか言われますけど、もちろん「やります、やります」みたいな。

マニュアル通りじゃない人がいっぱいいる

ヘメンディンガー綾

コミュニケーションが密というか、人との距離が近いですよね。

古谷高治

そうですね。古い家を借りてるってのもありますけど、仕事でも四角四面な人よりはマニュアル通りじゃない人の方が多いですよね。つながりがつながりを生んでいく街というか。東京から帰ってきて、そんなんあるんちゃう?

ヘメンディンガー綾

それ、すごくありますね。東京ではご縁を太く育てるまでには時間がかかりましたが、大阪でキーマンと1人繋がったら、芋づる式にわーっと人脈が広がりますね。私も、おかげ様でwebサイトなしでも顔の見える方から仕事をいただけています。あと、大阪は街のサイズもコンパクトでいい感じです。小さすぎず、大きすぎず。

古谷高治

そうそう、移動は自転車でOK。僕は自転車で職場の同じ中央区のアメリカ村まで通ってます。10分〜15分くらいで着きますね。大阪は地下鉄も発達していて、駅もたくさんあるので、東西南北、自在に行けますよ。休みの日はレンタカーで奈良とか広島ぐらいまですぐ行けてしまうし。

ヘメンディンガー綾

古谷マスターは東京に行こうと思ったことはないんですか?

古谷高治

ありますよ。僕が若いころはいまほどネットが普及してなくて、雑誌で見たものを実際に目で見たり感じたりしたくて、結構通ってました。「東京行くやつおる?」「はーい!」みたいな感じで4〜5人で車を便乗して、交通費を割り勘して。「古谷便」と呼んでた。

ヘメンディンガー綾

宅急便みたい(笑)。東京に移住しなかった理由は何ですか?

古谷高治

うーん、友だちは移住した奴もおるけど、東京は人口も多くて、ライバルも多いじゃないですか。でも大阪ではそこそこやっていれば、東京のトップランクの奴と一緒に仕事ができるわけですよ。だから大阪でトップランクになった方が、おもろいことができるんちゃうかなと20代半ばで思って、いまに至りますね。

新・旧の魅力をあわせ持つ、谷町

古谷高治

じゃ、いまから近所の本屋さんに行きましょうか。

ヘメンディンガー綾

お願いします!

古谷高治

このあたりは万城目学さんの小説「プリンセス・トヨトミ」の舞台で、映画のロケもしてたんですよ。最近はあちこちに美味しいピザやパンのお店が増えてきました。いまから行く「隆祥館書店」さんは、いろんな著者を招いてトークを頻繁に開催されてるんです。

ヘメンディンガー綾

街にかつてよくあった、いわゆる「普通の本屋さん」って感じなのに、よく見ると面白い棚がありますね。

本屋定員

この棚の本は、作家と読者が出会えるイベント「作家と読者の集い」でご登場いただいた作家さんに無理をお願いして、3冊ずつコメントつきでお薦めの本をセレクトしていただいたものなんです。

ヘメンディンガー綾

なるほど、作家さんのリコメンドなら、良書に違いない。

本屋定員

大阪人って本当のことを知りたいって思うじゃないですか。例えば、レストランを人に紹介するのも、自分が本当にいいと思ったものしか人に紹介しないでしょ。

ヘメンディンガー綾

それ、すごくありますね。こんな書店が元気に営業を続けられるのは、この街に住む人が知的な証拠ですね。谷町エリア、ますます素敵です。

古谷高治

いいでしょ。僕の家にも行きましょうか。

ヘメンディンガー綾

お願いします。

友だちとキャンプするみたいに住む長屋

古谷高治

最近は地価も上がって、タワーマンションも建ったので、近所に大きなスーパーが3つできました。近くに国立の大きな病院があって、徒歩圏内。奥さんが2人目を出産した時は、入退院は徒歩でした。

ヘメンディンガー綾

都会の真ん中だから車がなくても便利というか、むしろ昔ながらの暮らしですね(笑)。

古谷高治

ここが家です。

ヘメンディンガー綾

わっ!秘密の基地みたい(笑)。高いビルの間に、こんなスキマ的空間が存在する谷町って、懐が深い街だな。あ、プチトマトがいっぱいなってますね。

古谷高治

これでひと夏はトマト買わなくても足りるはず。

ヘメンディンガー綾

庭はいつお世話するんですか?

古谷高治

朝7時ごろに起きて、娘のお弁当をつくって、幼稚園に送って、庭に水撒きしたり、雑草取りをするんです。そのあと自転車で出勤。ほらほら、こっちにブラックベリーがあるよ。いま旬ね。

ヘメンディンガー綾

おしゃれ…!買いたくても、滅多に売ってないのに。

古谷高治

こっちは桃、タイフェスで買った空芯菜、栗、ブルーベリー、バナナ、ぶどうにオリーブ。うちのシンボルツリーはアボガド。種を放ってたら、芽が伸びてきて。

ヘメンディンガー綾

アボガドを屋外で越冬させるなんて、すごすぎです。寒い地域の木と熱帯の木の両方がある。なんでもあるのにまとまってる感じが大阪っぽい気がします。

古谷高治

このお庭が大好きで引っ越せないんですよね。あと同じ長屋の友だちと、思い立ったらBBQできるし。駅からも近いから他の友だちも来やすいし。

ヘメンディンガー綾

郊外に住んでても、なかなかBBQできないというのに…!

古谷高治

最後は難波宮跡公園に行きましょうか。

ヘメンディンガー綾

お願いします。わー!大阪城まで見渡せる。

古谷高治

遊具とかがなくて、何もない感じが好きなんです。

ヘメンディンガー綾

いいですね!大阪って東京に比べたら緑が少ないっていうけど、大阪城公園の周囲は結構大きな公園がありますよね。このエリアは、お城の周辺だから、東京の紀尾井町みたいな雰囲気も感じる。古谷マスターのお家からもすぐだから、子育てするにはむしろ最強の環境。

古谷高治

でしょ?城下町やからね。周囲にある公立の学校や幼稚園もなかなか評判がいいんですよ。ここは家族でお弁当食べに来たり、流星を見に来たりします。あそこにあるヒマラヤスギ見て。松ぼっくりがバラみたいな形してて、かわいいんです。それを娘と拾って、一緒に工作したりしますよ。

ヘメンディンガー綾

なんて豊かな暮らし。今日はいろいろと、ありがとうございました。最後に東京の人に向けてメッセージをお願いします。

古谷高治

東京から来た人は、大阪がいい街だと必ず言ってくれるし、食べ物も美味しくて安い。そこそこの規模の街なのに、東京より物価が安い。あと大阪人は新しいものを取り入れて、それを面白くしたいと常に思ってる人たちだから、移住者を受け入れる土壌がちゃんとある。こっちに住んだら絶対面白いと思いますよ。

ヘメンディンガー綾

そうですね。大阪人の面白さって「ボケ」と「ツッコミ」だけじゃなくて、つまらないことを面白く変えようって意欲の表れ。それを実際に体感してもらいたいですね。