1. ホーム
  2. 大阪の「人気の暮らしエリア」紹介
  3. 千里 お洒落すぎるクリエイター夫婦のお家訪問。都市計画がちゃんとしてる街って、こんなにも住みやすい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

千里ニュータウンで、お洒落すぎるクリエイター夫婦のお家訪問。
都市計画がちゃんとしてる街って、こんなにも住みやすい!

こんにちは! 東京に出てきて5年目、ライターの塩谷舞です。ビジネスネームはしおたんです。

ただいま、絶賛里帰り中です!!

緑豊か〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

空気最高〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

めっちゃ滑る〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

はい。のっけからテンション高めで恐縮です。だって嬉しいんやんか。

こちらどこぞの大自然だと思われるかもしれませんが、大阪・千里ニュータウンにある「千里中央公園」です。大阪の中心部から電車で20分と徒歩10分ですが、私の実家からは徒歩3分。

甘酸っぱい思い出が多すぎる。

インタビュー・テキスト塩谷舞(しおたん)

1988年大阪府千里生まれ、北千里高校卒、京都市立芸術大学卒。2012年より東京にある株式会社CINRAに入社。Webディレクター・広報を経て2015年春からフリーランスへ。お菓子のスタートアップ・BAKEのオウンドメディア「THE BAKE MAGAZINE」の編集長を務めたり、クリエイターのプレゼンイベント「DemoDay.Tokyo」を運営したり、幅広く活躍中。Twitter&Instagram:@ciotan

大阪・千里といえば太陽の塔がある万博記念公園が有名ですが、あちらの広さは約260ヘクタール。対して、千里中央公園は14.2ヘクタール。(万博記念公園は厳密にいうと千里ニュータウン外です。近いけど)

そう書くとちっちゃく思えますが、井の頭公園は4.3ヘクタールなので、千里中央公園もかなりでかいぞ!

さきほど滑っておりましたのが、ここ。めちゃくちゃ長いローラー滑り台が名物です。

森の中に現れる滑り台。(ちゃんと管理されてるので綺麗です)

その全長、150メートル。おしりがしびれるので、ダンボールなど敷くのがオススメ。ちなみに入場無料、滑り放題です。子どもの頃はそりゃ楽しくてずっと滑りまくってました。(夕方になると閉まりますし、安全監視のため日中は警備のおじちゃんが見守っています。無料なのに。)

千里ニュータウンってどんな町?

私が生まれ育った千里ニュータウンという町は、今から54年前、1962年に街開きされた日本で初めての大規模ニュータウン。ご覧の通り、一軒家や団地、マンション、公園などがある緑豊かなベッドタウンです。

そもそも、どうして千里ニュータウンが生まれたの? という理由を端的におさらいすると…

・第二次世界大戦で多くの家が燃えてしまったから、たくさん家を建てなきゃいけない ・戦前はたくさんの人が海外の植民地にいたけど、日本に戻ってきてキャパオーバー ・1955年頃からの高度経済成長で、大量の働き手が大阪中心部に集中してまじカオス ・中心部はギュウギュウ詰めでプライバシーもなく、不満いっぱい ・そこで郊外に、住居が無秩序に建設されはじめ、虫食い状態に=スプロール化現象

→→ちゃんとした都市計画をつくって、1,160ヘクタールもの土地(その多くが竹林!)を切り開いて、15万人が住めるニュータウンをつくったドン!!

ということです。社会科の教科書みたいになってしまいましたね。

実際、私のおじいちゃんとおばあちゃんは、若い頃に和歌山から大阪に引っ越し、千里ニュータウンの開発と同時におうちを建てて、千里ニュータウン住人となりました。当時小学生だった長男はその家ですくすく育ち、よく笑うお嫁さんをもらって、女の子が3人も生まれ、その一番末っ子がわたしです。千里ニュータウン三世代です。

いつぞやの長女(7歳)、次女(5歳)、私(3歳)。千里中央にあったセルシーホールにて、ピアノの発表会に出るの図。

住んでる人に話を聞きに行こう!

と、昔話はここまでにしておきまして。開発から50年以上が経って、今のニュータウンはどんな感じなのでしょうか?? 実際に住んでいる人に話を聞いてみましょう。

千里中央駅からちょっとだけ歩きまして……(一緒にいるのはこのプロジェクトを回している、スマスタの塩山さん)

ドキドキ(汗をふきまくる)。

「おじゃましま〜〜す(ドキドキ)」








楽園だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

家の中???にパラソル??? 中というか外???ベランダ?庭?テラス??

ヒッ…なんだこの空間の匠……

モコズキッチンじゃないか。

モコズキッチンから見える中庭……美術館とか博物館でしか見ないような贅沢な空間使いである。

ハシゴを上がれば仕事スペース……(階段でのぼるルートもあります)

どんな人が住んでいるのか

このおしゃれすぎる豪邸の住人、気になりますよね。ご登場いただきましょう。

堀内ご夫妻です〜〜!

旦那さんのホーリーさんはイラストレーター兼、広告会社勤務。なんと。あの大阪に本社がある超有名ドーナツ店オリジナルキャラクターたちの生みの親。ポン!!!

奥さまのななみさんも、ホーリーさんと同じ広告会社勤務。クリエイターご夫婦なんです。そして小学1年生の娘さんもいらっしゃいます。休日の日は娘さんとベランダでプールだそう。こんな感じで。

おいおい、ベランダプールの規模が違うぞ。。。。ぐう羨ましい……。

では、お話を聞いてまいりましょう!

しおたんさん

「ホーリーさんは、東京の多摩美術大学ご出身なんですよね。奥さまも地元は長野だとか。どうして東京じゃなくて大阪に住もう、と?」

ホーリーさん

「あ、ふたりとも今の会社に新卒入社したのですが、配属が大阪だったんです」

しおたんさん

「なるほど。千里ニュータウンにはいつから住んでるんですか?」

ホーリーさん

「ちょうど1年前にこの家が完成して、引っ越してきました」

しおたんさん

「おぉ、1周年。実際住まれてみて、いかがでしょう?」

ホーリーさん

「いいですね〜。まず、車道と歩道が分かれてて道が広いことにビックリしました」

しおたんさん

「あぁ……千里ニュータウンは都市計画もあって車道も歩道も広いですよね。私はむしろそれが一般的だと思っていたので、世田谷区に引っ越したとき、あまりの道路の狭さにびびりました。車に足ひかれそうやもん」

ホーリーさん

「あはは。家を建てるのは、兵庫県の芦屋と千里ニュータウンで迷ってたんですけど、いざ終電を逃して会社のある梅田から芦屋までタクシーで帰るとなると、結構時間かかるしとんでもない金額になるんですよ。それが、梅田から千里中央だと、道路が空いてると15分ちょっとで着いちゃう。信号ゼロの新御堂筋のおかげです(笑)」

しおたんさん

「……関西随一のリッチ・タウン芦屋か、我が故郷千里ニュータウンか、という選択肢。すごい。なんかうれしい」

ホーリーさん

「それまで兵庫県の武庫之荘に住んでたんですよ。阪急電車の神戸線沿線も好きだったので……」

しおたんさん

「しかしホーリーさんほどのスーパークリエイターだと、大阪にいらっしゃっても、東京からのお仕事もたくさん来ますよね?」

ホーリーさん

「スーパークリエイターかどうかはわかりませんが(笑)、最近はすごい多いですね。 東京で一緒に仕事してる人に、こっち来たらいいのに、と言われる事もあります。」

しおたんさん

「え〜、行かないんですか?」

ホーリーさん

「うーん。一度この暮らしを経験してしまうと、東京でどこに住もう……というのが想像しにくくって…。東京でこれくらいの家を建てようとすると、フェラーリ1台分くらいは追加予算がかかっちゃうんじゃないかなぁ。……フェラーっていくらでしたっけ?

しおたんさん

「…車の値段はよくわかりませんです」

ホーリーさん

「そっか、まぁいいや。あと、千里中央からだと、新幹線のある新大阪にも、伊丹空港にも、10分で行けちゃうでしょう。だから、案外移動はストレスにならないんですよね」

しおたんさん

「確かに。東京で暮らし重視派だと鎌倉とか湘南に住みつつ、都内に通ってる方も大勢いるけど、そうすると毎日の通勤が大変ですもんね。それに比べると、月に1、2回の新幹線に乗る、という方が楽かも」

しおたんさん

「ちなみに、おやすみの日は何をされてるんでしょう?」

ななみさん

「ヨガの先生を呼んで教室をしたり、お料理教室を開いてもらったり、娘の幼稚園時代のお友達とママたちが来たり……」

しおたんさん

「素敵すぎる……。ちなみに、近所に好きなお店はありますか?さぞかし素敵な行きつけが……」

ななみさん

「ここから歩いて10分くらいの船場エリアにはマザームーンカフェとか、素敵なお店があるのでたまに行きますね。でも、どちらかというとお家で過ごす時間のほうが好きなので、家にいることが多いですよ」

しおたんさん

「ははぁ〜〜…そりゃぁこんな素敵なご自宅、堪能しないともったいないですね……。私も休日はずっと家にいるんですけど、ゴミのように布団の中で2chまとめサイトとオモコロとトゥギャッチを見てるだけで、天と地ほどの差がありました。人生頑張ります。まずは東京で身を削って稼ぎます…」

ホーリーさん

「(笑)。でも、大阪にいても東京とネット会議もできるし、出張にもサクッといけるし、プライベートは大阪でのんびりして、仕事は場所にとらわれず…というのは出来ると思いますよ(優しい笑顔)」

しおたんさん

「ひ、惹かれるなぁ……」

羨ましすぎるライフスタイルに、ワークスタイル…。羨望のまなざしでございます。

他にもホーリーさん、ななみさんから千里ニュータウンの好きなところをたっぷり教えてもらいました。

\ホーリー夫妻に聞いた、千里ニュータウンのいいところ/
・車道と歩道が分かれてて道が広い
・東京みたいに土地が高くない
・千里中央から梅田まで20分
・そもそも通勤ラッシュがほとんどない
・新大阪駅まで地下鉄御堂筋線で10分なので、新幹線に乗りやすい
・大阪空港まで大阪モノレールで10分なので、飛行機に乗りやすい
・休みの日は遊歩道を歩いて運動できるし、気持ちがいい
・住宅街は騒音もなく静か
・近くに小学校も公園もある
・東京みたいなお受験戦争はなく、子どもたちはだいたい公立の小中学校に進学する
・造成されて50年以上経つのでニュータウンという言葉から連想される浮ついた感がなく落ち着いている
・駅中心部は百貨店から家電量販店まであって、なんでも揃う
・郊外にはおしゃれで居心地の良いお店が多い

後ろ髪を引かれながら、おいとましました。ホーリーさん、ななみさん、ありがとうございました!!!

ホーリー邸だけを見ると「どんな高級住宅地や」とびっくりしちゃうかも知れませんが、千里ニュータウンにはホーリーさんたちのような一軒家もありながら、団地もあり、マンションもあり……と、色々なんです。

それも実は計画の上。千里ニュータウンの公式サイトのように以下のような一節が。

さまざまな人々が調和したコミュニティを形成するよう、戸建住宅、集合住宅(公的賃貸住宅:公営/公社/公団(UR)、分譲集合住宅)、社宅など、あらゆる種類の住宅を用意しました。住区の中心に集合住宅を、周辺に戸建住宅を配置し、都市景観を演出し、より多くの住民が短時間で主要施設にアクセスできるよう工夫されています。 (http://senri50.com/c4371.html

確かに、小学校時代を思い返すとまさに、様々な子どもたちによる調和したコミュニティが形成されていたわ……。価値観が固まることなく、すごく良い環境だったなぁ、と思います。

さて。お次は千里中央駅から大阪モノレールに乗って移動です。向かう先は……

なんか夢中で撮ってますが……(車内では静かにしましょう)

万博記念公園〜〜〜!

ではなく、その前に2015年に誕生したばかりのエキスポシティです!!!厳密にいうとここは千里ニュータウンではないのですが、千里中央駅からモノレールで5分とめちゃくちゃ近いので一緒にご紹介したいのです。

なんといっても、変な魚がいっぱいいるニフレル(左側にある白い建物、水族館)が目玉ですが…

ちっちゃい遊園地もあるし

リアル・ポケモンGOもできるし(ちがう)

なんと!ケンタッキーフライドチキンの食べ放題まであります!!!!!!

しかし、結構並んでたので昼食には串カツをいただきました。

二度づけ禁止。

どでかい映画館もあるし、更には日本一でっかいという観覧車もあります。

そして。ここエキスポシティの人気の理由はこちらです。ららぽーと!

館内を歩き回ってみましたが…広い!

ちょっと速すぎて訳がわかりませんが、この「ららぽーと」の中にはなんと!300以上のアパレル、雑貨、コスメ、食品、家具、お菓子、旅行…などの専門店がこれでもか!!これでもか!!!と入っているんです。

東京で働いていて、地元である千里ニュータウンに戻った友人主婦にエキスポシティの魅力を聞いたところ…

とのこと。二子玉川と武蔵小杉を合体させて最新にしたのがエキスポシティ…!!!?
(個人の感想です)

子どもも楽しいし、お買い物も出来るし、変な魚も見れて、ケンタッキーは食べ放題だし。もうこれ、エキスポシティ最強じゃないですか????

ちなみに、ほとんど触れられてないニフレル(水族館)やOSAKA ENGLISH VILLAGE、オービィ大阪などのエンタメ施設の様子は、尊敬するライターのヨッピーさんが記事にしていましたのでリンクはっておきますね(http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/yoppy11)

オーナーさんの個性が素敵な千里近辺のお店

しかし、もちろんでっかい商業施設だけじゃありません。千里ニュータウン(とその周辺)にはあちこちにオーナーさんの個性が光るお店があります。

そんなお店はみなさんまたセンスの良いインスタグラム運用をされているんですよ。ということで、インスタ写真からその様子を覗いてみましょう。

・noji+(箕面市・箕面)

箕面にある「noji+」は、山の麓にある道具店。作家物の器や洋服をセンスよく取り揃えられています。

・ミズタマ舎(豊中市・寺内)

こちらは、2013年にオープンした器と生活雑貨のお店。

・the Farm UNIVERSAL OSAKA(茨木市・佐保)

子どもも大人も楽しめるガーデンセンターです。緑に囲まれたカフェもあります。

・SQUARE(箕面市・船場東)

ホーリーさんご夫妻もお気に入りというこちらのお店は、ヴィンテージ家具などの販売だけではなく、木材を組み立てることもできるファクトリーもあり、カフェもあり。

他にもいろんなお店があるようなのですが、ぜひ「Lmaga.jp」などでチェックしてみてくださ〜い!

こどもの千里、おとなの千里

広い公園に、すてきなおうちに、でっかい商業施設に、センスの良いお店などなどをお届けしてきた千里ニュータウン編。(最後は結構、千里ニュータウンをはみ出しておりますが)いかがでしたか?

私にとって千里ニュータウンは、0歳からの子ども時代の全てが詰まった街です。だからやっぱり公園とか、崖とか、竹林とか、人の家の裏庭とか(こらっ)……が、私にとっての千里ニュータウン・ホットスポットでした。平和な街ながらも、ワクワクするような小さな冒険がたくさんあった子ども時代で、今も地元の友達とはめちゃくちゃ仲良しです。

でも20代後半になってあらためて知る千里ニュータウンは、気張らず、急がず、でもオシャレに、家族みんなで暮らせるための素敵な街だったんだなぁ、と。子育てに最高な街というのはなるほど確かに……。

豊かに住むために、60年も前にしっかりとした計画を立てて、そして今もしっかりとその志を受け継いで、改良を重ねているのが千里ニュータウン。都市計画っていう言葉、絵空事じゃなかったんですね……と、当たり前のように過ごしていた故郷の姿を見てしみじみ。

こちらは阪急千里線を北千里・山田・南千里駅と走る様子。23年間ずっと見てきた風景ですが、4年半大阪を離れてもこの風景は変わらず。

緑が多いな〜と思われるかもしれませんが、実は千里ニュータウンの決まりとして、21%は必ず公園や緑地にしておこう、というものがあるんだそうです。確かに、万博公園や千里中央公園のようなでっかい公園だけではなく、かなりの頻度で小さな公園にも出くわします。だから空気もキレイ。

さて。最高の住処・千里ニュータウンを堪能したあとは、大阪の中心地であり、お買い物天国でもある梅田にも行って来ました。ぜひそちらの記事もご覧ください!

以上、塩谷舞(@ciotan)がお届けしました!

他のエリア
千里ニュータウン 堀江
梅田 谷町六丁目
京町堀 金剛ニュータウン
トップページへ戻る